平凡を愛する日記


by taichicat

<   2006年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

LOVE

e0100237_22282694.jpg


陸はおばあちゃんが 大好き
いつもおばあちゃんの後ろを 付いて回って
姿が見えなくなると 大きな声で鳴いて探します

夜はすっぽりおばあちゃんの 腕枕
朝までぐっすり寝て居ます

・・・て、猫は夜行性じゃなかった?
[PR]
by taichicat | 2006-12-30 22:31 | FinePix S5000

ガーネット

e0100237_1627941.jpg


本当は赤い色が好きです
でも着るものは どうしても地味な
白・黒・藍を選んでしまいます

・・・赤い色の服を着る勇気が無いから・・・

だから せめてもの抵抗
持ち物に 時々赤を選びます
携帯は 赤

アクセサリーも赤を選びたいけど
着る服に準じてしまうので
残念ながら それは無し

赤いガーネットのピアス
きれいだろうな・・・
[PR]
by taichicat | 2006-12-28 16:21 | FinePix S5000

宴の終わり

e0100237_2122320.jpg


夕べまで 我が家の出窓を飾っていた
クリスマスツリー
今日はさっさと 片付けられました

もうすぐお正月です
[PR]
by taichicat | 2006-12-26 21:05 | FinePix S5000

毎年恒例

e0100237_23284071.jpg


今年もケーキは 子供達が飾りつけをしました
果物を切って 生クリームをホイップして
つまみ食いして・・・
笑いと罵声(?)の中で
壮絶なケーキのできあがり

作るのは大変だけど
食べるのは 一瞬でした
[PR]
by taichicat | 2006-12-25 23:32 | FinePix S5000

クリスマスの夜

e0100237_22355087.jpg


クリスマスイヴの今日
家族と楽しいひと時を 過ごしました
門司港レトロのイルミネーションは とてもきれいで
9時近くまで 人が沢山いました
[PR]
by taichicat | 2006-12-24 22:38 | SH902i

愛機

e0100237_2135268.jpg


最近 写真を撮っていません
いつも持ち歩いている携帯は
暗い所では やはり画像が荒くなり
なかなか上手く 写せません
でも 結構がんばってくれていると
思います

紹介します
docomo SH902i ちゃんです
photo by FinePix S5000

e0100237_218108.jpg


そしてもう一台のカメラ
フツーはこっちを先に紹介すると思うけど
大きいので(携帯に比べるとです)
なかなか持ち歩けません
事務員さんが 仕事行くのに
こんなカメラを持ち歩いていたら 変ですよね

一眼レフではないので
狙った獲物が 写っていない事もしばしば。。。。
猫も子供も動きが早いので なかなかちゃんと
写ってくれません
でも 最近私も学習しました
連写モードで写します
「ヘタな鉄砲も 数打ちゃ当たる」作戦です

主人が新しいデジカメを購入した際
嫌がるのを無理やり うばい取りました(笑)
FUJIFILM FinePix S5000 くんです
photo by SH902i

小さな私の手には 比較的しっくり馴染んでくれます
でも その機能のほとんどを 使いこなしていません

相変わらず 猫に小判状態です
[PR]
by taichicat | 2006-12-23 21:18 | 写真

若葉

e0100237_23372795.jpg


枯れていく木々の中に
新しい新葉がでていました

植物の強さには
本当に驚かされます
[PR]
by taichicat | 2006-12-21 23:39 | SH902i

悩む

e0100237_023636.jpg


いつもは わりと大雑把で
多分 四角にトリミングをする作業を人に見られると
「え?それでいいの?」と言われそうなくらい
エイ!ヤア!で四角に切り取ってしまうのですが
今日は久々に 悩みました


e0100237_0263019.jpg



太い幹樹をいれてみました
・・・そのまんま 樹だなぁ・・・


e0100237_0272367.jpg


壁までいれて見ました
ただの風景失敗写真です

ああ・・・悩み虫が復活してきそうなので
全部upしました

単なる優柔不断の写真になってしまいました(没)
[PR]
by taichicat | 2006-12-21 00:29 | SH902i

灰色の可能性

e0100237_2347152.jpg


幼い頃見ていたアニメは 白黒でした
テレビも白黒で でも子供ながらに
世の中には色があふれているけれど
テレビは技術的な問題で
カラーが映らないと 判っていました
父が写す写真もいつも白黒で
映像の世界は カラーは無いと
思っていました

それから時は移り
テレビはカラーになり
父の持っていたハーフカメラも
自動でピントの合う カメラになっていました

小さい頃見た白黒アニメ
え?と思われるかもしれませんが
映画のようにカラーで彩色された物を 白黒フィルムで撮影されていると
思っていました

その誤解が解けたのは数年前
働いている会社で
「東映アニメーション」のイベントがあった時です
「少年忍者 風のフジ丸」の、設定資料が展示されていました
登場人物のキャラ表には色指定の番号がふってありました
その色数は白と黒と何色かの灰色。

吹きすさぶ風も 燃え盛る炎も
冷たい雨も 暖かい春の日差しも
ついでに
微塵隠れも火炎の術も
全て人が考えた白・黒・灰色で表現されていました
映されるテレレビが白黒なのだから わざわざコストをかけずに
白と黒の2色の絵の具で事足りるというのは
よくよく考えれば当然の事なのですが
その時灰色はすごいんだ!と 感じたのでした

灰色で全ての世界を表現する
たとえば 炎は赤だけど
赤に見える灰色はどれ?
人間の肌色の見える灰色は どれ?
今のようにコンピューターで
一発で彩度を落とすなんて
できなかった頃
人の想像だけで色を感じとらせて
くれてました
[PR]
by taichicat | 2006-12-19 00:11 | SH902i

最後の一色(ひといろ)

e0100237_2132422.jpg


赤いカメリアの花が散って 溝を埋め尽くしています
あざやかな紅色はやがて しおれて茶色に変色していきます
散った後もぎりぎりまで 美しい色でいたい
そんな花達の 声が聞こえてきそうです
[PR]
by taichicat | 2006-12-17 21:36 | SH902i